福岡市博多区の審美歯科・ホワイトニング治療 博多プライベート歯科

すきっ歯を治したい

ビフォー

アフター

一般的に『すきっ歯』と呼ばれる歯の隙間。医学的には歯同士の隙間が空いた状態を『空隙歯列(くうげきしれつ)』、特に前歯に隙間が開いている状態は『正中離開(せいちゅうりかい)』と呼びます。

歯の隙間は気になる人も多い症状の一つ。

当院のすきっ歯の治療は大きく二つあり、歯を一切削らない方法もございます。

治療方法

1.
部分矯正による治療
隙間を埋める歯の表側、もしくは裏側に矯正用ゴムを貼り付けて部分矯正を行います。
歯を削ることがないため、痛みのない治療方法です。
矯正による治療期間はおよそ数ヶ月です。他の治療に比べて少ない数回の通院で済み、費用もほとんどの症例で抑えることができます。

2.
セラミックを用いた治療
歯の隙間が大きい場合などはセラミック(陶器)を用いて治療を行うケースもあります。
セラミックを用いた治療の場合は最短1ヶ月以内で治療が完了します。
セラミックでの治療には、『ラミネートベニア』と『クラウン』という方法があります。

ラミネートベニアとは



ラミネートベニアとは、歯の表面をわずかに削り、そこへセラミック素材の板を貼り付けて削った歯を補う治療法です。

すきっ歯の他に、歯の変色やかけた歯の治療でも施術されます。

クラウンと比べて歯を削る量が少ないため歯への負担が少なく、治療も短期間で行うことが可能です。

歯自体の大きさはさほど変わらないため、クラウン治療よりは歯を小さくすることや歯並びを整える効果は低いです。

当医院では「オールセラミック」と呼ばれる素材で治療を行います。

オールセラミックは透明感があり見た目が美しく、十分な強度もあります。

従来のセラミックラミネートベニアは破損・剥がれなどの欠点がありましたが、セラミック質の向上により近年ではそのようなトラブルはほとんどなくなりました。

クラウンとは

クラウンとは、歯に被せる人工歯のことで、一般的には「かぶせ物」や「差し歯」などと呼ばれます。

クラウン治療では、歯を削ったあとにクラウンを被せることにより処置を行います。

本治療で使用する「オールセラミッククラウン」は金属を使用しない、セラミックのみで製作されたクラウンのことです。セラミックは強度が強く見た目も自然なため、機能的にも審美的にも効果のある素材です。

ラミネートベニアに比べてクラウンでの治療法は歯を削る量は多いですが、製作する際に調整ができるため、ご要望に沿って歯を白く小さくすることが可能で、歯並びも整えやすいです。

治療のポイント

すきっ歯の治療は患者様の口内の状態に合わせて適切な施術を行うことが重要なポイントです。

当院では、他院を圧倒する審美歯科症例数・実績に基づいた施術により、治療後のトラブルを最小限に防いだ施術を行います。

無料のカウンセリングも随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。