福岡市博多区の審美歯科・ホワイトニング治療 博多プライベート歯科

当院の矯正治療について

表側の目立たない矯正

当院では表側の装置になるべく目立たない装置を採用しております。ダイレクトボンドシステム(DBS)と呼ばれる矯正歯科治療用ブラケットを直接歯面に接着する方法を採用しています。

裏側矯正(舌側矯正)

裏側から装置を付ける目立たない矯正「裏側矯正」を行っております。当院では、矯正歯科治療はしたいけれど目立つのは嫌、などという方に特におすすめしています。

詳しくは裏側矯正(舌側矯正)のページをご覧ください。

マウスピース矯正(エースライン)

装着しても付けていることがほとんど分からない、取り外し式の透明なマウスピースタイプの装置「エースライン」を当院では採用しております。

歯型を採り、定期的に装置を交換していく方法です。

詳しくはエースライン(マウスピース矯正)のページをご覧ください。

部分矯正(プチ矯正orエスガイドシステム)

当院では「プチ矯正orエスガイドシステム」を行っております。ちょっとした前歯の傾きを治したい、軽度の不正な歯並び、部分的に治したい、…等々、ご要望にお応えしております。

詳しくは部分矯正(プチ矯正orエスガイドシステム)のページをご覧ください。

インプラント矯正

小さなインプラント(スクリュー)を歯ぐきに埋め入れ、これを土台にして効率的に歯を引っ張ることで、治療期間を短縮できる画期的な矯正方法です。

インプラントが固定された支点となるため、歯の動きを確実にコントロールすることができます。より精度の高い治療結果を得ることができ、負担も少ない治療法として近年注目されています。

通常の矯正と併用して行われます。マイクロインプラントとも呼ばれます。

歯ぐきに入れるスクリューは、ほんの数ミリしかない小さなピンのようなものです。麻酔を使用して埋め入れますので、痛みはほとんどありません。

インプラント矯正をお考えの方は是非一度、当院にご相談ください。

日本矯正歯科学会所属歯科医師による治療

では、日本矯正歯科学会所属歯科医師が治療を担当いたします。お近くに矯正歯科医院がない、安心して矯正治療を受けたいという方は、お気軽に当院までご相談ください。

また、福岡県以外にお住まいの方で安心の矯正治療を受けたいという方も是非ご相談ください。当院では福岡県内、県外問わず患者様にお越しいただいております。

「日本矯正歯科学会」とは、日本矯正歯科学会が「矯正歯科治療について適切かつ十分な経験と学識を有する」歯科医師が所属している学会です。所属するには数年以上の矯正歯科治療の経験などが必要です。

矯正歯科治療の意義

矯正歯科(歯列矯正)治療とは、歯の位置を動かし、歯並びや噛み合わせを治す方法です。専門の矯正装置を使用して歯を正しい位置にゆっくりと動かしていきます。矯正治療をすることで歯並びや噛み合わせがよくなるだけでなく、虫歯や歯周病の予防にも有効で、矯正歯科に興味をお持ちの方は是非一度、当院までお気軽にお問合せください。

福岡県内、県外問わず、たくさんの方からお問い合わせ頂いております。

舌側矯正の説明

裏側矯正(舌側矯正)は、従来の装置と違って歯の舌側の歯面にブラケットを着ける治療方法のことです。舌側-ぜっそく- とは歯の舌側の側面のことを指します。

矯正装置を歯の裏側に付ければ、人に気付かれることなく矯正歯科治療を行うことができます。特に職業柄、目立つ装置がつけられない方というには矯正装置が表側からは見えませんので、他人に気づかれずに矯正を行うことができる、当院がオススメする矯正方法の一つです。

舌側矯正の長所

1.
矯正装置が見えない
2.
表側の歯ににダメージがない
3.
歯が前に出ている症例では前歯が後退させやすい
4.
虫歯のリスクが低い(歯ブラシや定期的な清掃(PMTC)はしっかり行わないといけない)
5.
スポーツなどの外傷が少ない(裏側なので頬や唇を傷つけるリスクが少ない)

舌側矯正の欠点

1.
料金が割高になる
2.
表側よりも治療期間がかかる
3.
発音がしにくい(慣れることで改善します)

矯正歯科治療の裏側矯正(舌側矯正)についての無料カウンセリング、無料メール相談を受け付けております

プチ矯正の説明

当院では部分的に歯並びを治す「プチ矯正」を行っております。

プチ矯正は全体的におこなう矯正歯科治療よりも短い期間で、費用も安く行なうことができます。軽度の不正な歯並びの方が適応となります。お口の状態により、難しい場合もありますが、お悩みの方は、ぜひ一度当院へご相談下さい。

Q
プチ矯正(部分矯正)とは?
部分的に歯並びの不具合を改善する治療の事を言います。
Q
装置は普通の矯正歯科治療で使用するものと同じなのでしょうか?
ブラケットと呼ばれる通常矯正で使われる表側につけるものを使用したり、(それに抵抗のある患者様は)マウスピースを使って治していく方法も行います。
Q
プチ矯正ではなぜ短期間できれいな歯並びを獲得することができるのでしょうか?
個人差はありますが、大体、通常矯正では約2年、部分矯正は約3~6ヶ月くらいです。部分矯正はその名の通り部分的に矯正歯科治療を行うので、期間が短くてすみます。特に前歯に関しては、奥歯に比べると移動しやすく、かみ合わせの調整もあまり時間を要しませんので、比較的早く治療が終了します。

マウスピース矯正の説明

エースラインは、日本に使用されている透明な取り外し式のマウスピース型矯正歯科装置です。

累計では数万人を超える患者さんがマウスピース治療を受けています。また多数の歯科医が採用し、新規症例数は年間3ケース超と言われています(2015年6月現在)。

通常の矯正装置におけるワイヤーを使用しないため、従来の矯正器具に比べ、見た目は付けているのがほとんど気付かれず分からないほどです。

不正な歯並びを治療するため、患者さんお一人おひとりにカスタムオーダーで製作されます。少しづつ歯並びの状態を変化させていくマウスピースを数週間ごとに新しいものに取り換えながら、徐々に歯を動かしていきます。

エースラインが出来ないケース

エースラインによる矯正治療は、できる症例とできない症例があります。

歯並びが重度に凸凹・がたがたに生えているケース

歯並びが大きく乱れ、歯の移動距離が長いと診断されたり、歯根の移動を必要とされたりするケース(ワイヤーによる矯正と併用することで可能な場合もあります)。

アゴの骨格にズレがある場合

上と下の顎の位置に前後・左右のズレがある場合

前から7番目の歯(親知らずの手前の奥歯)が生えていない場合

エースラインによる矯正治療は子供でも可能ですが、第2大臼歯と呼ばれる、前から数えて7番目の奥歯(親知らずの手前の奥歯)が生えていない状態では治療が行えません。

個人差はありますが中学生以降になれば、第二大臼歯が生えていることが多いため、エースラインによる矯正が可能です。

ワイヤー矯正との併用治療

歯の移動距離を長くしなければいけない場合、歯根の向きを変える必要がある場合でも、ワイヤー矯正を併用することで、エースラインでの矯正治療を行うことができます。

歯根を動かす必要がある段階ではワイヤー矯正を、それ以外の段階ではインビザラインを使用します。ワイヤー矯正のみで治療するよりも、併用することで治療期間を短縮できる場合があります。

当院では、矯正歯科学会所属の先生により、表側の矯正でも、なるべく目立たない白い装置を採用しております。

エースライン(透明なマウスピース矯正)について、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。ご来院による無料カウンセリング、無料メール相談を受け付けております。