福岡市博多区の審美歯科・ホワイトニング治療 博多プライベート歯科

メタルフリー

メタルフリー

メタルフリー治療とは、金属を使わない歯の治療のことを指します。メタル(金属)をまったく使わないため、自然な白さの歯を得られ、金属アレルギーの心配もいりません。金属を用いて歯を治療する場合には、歯の治療が見えてしまし、見た目が悪くなってしまいます。現在日本の歯科の保険診療では、被せ物や詰め物に金属が使われています。当たり前に使われていますが、老化とともに歯の根元に黒いラインが見えてきたり、再び虫歯になりやすかったりします。

メタルフリー治療とは、お口の中の金属を取り除き、身体に優しい物質を使うことで、お口の老化を防ぎ、歯を健全に保つ治療です。また、セラミックを使用したメタルフリー治療は見た目もよく、治療しているかどうか分からないぐらい自然な色になります。そのため、口を開けることに抵抗のある人や白い歯を手に入れたい人には、おすすめの治療法です。

金属アレルギーをお持ちの方でも、このメタルフリー治療は安心して受けることができます。

まだ日本ではなじみのないメタルフリー治療ですが、現在急速に浸透しつつあります。当院では、患者さまの健康を第一に考えて、患者さま一人ひとりの口腔内に合わせたメタルフリー治療などをご提案します。

メタルフリー治療の特徴

  • ・自費診療(保険適応外の治療)である
  • ・天然の歯に近い硬さであるため、噛み合わせの際に負担が少ない
  • ・金属の治療時に見られる歯茎の黒ずみがない
  • ・他の歯と同じような色のため、口を開けても歯の詰め物が気にならない
  • ・金属アレルギー(かゆみや発疹)が起きない

歯科治療に使用される金属の種類と素材

アマルガム

マルガムは「歯科用水銀アマルガム」の略で、主に虫歯治療で歯に詰める歯科治療の材料です。アマルガムは銀・銅・スズ・水銀・亜鉛が含まれる合金です。アマルガムは健康保険の適用材料であり、一般的に使用されてきました。現在でも保険適用されていますので、使用されている医院もあるようです。

メタルインレー・メタルクラウン

歯科で保険適用されている代表的な

メタルフリー治療の種類と素材

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックに強化プラスチックが混ぜられている素材です。

コンポッドレジン(保険治療で使用されるプラスチック素材)に比べ高い耐久性があります。見た目も天然歯に近く審美的にも優れています。

オールセラミッククラウン

クラウンとは、虫歯を削り取った後に歯全体を覆う被せものです。オールセラミッククラウンは100%全てセラミックでできているので金属アレルギーの心配もなく見た目も歯の透明感のある美しい仕上がりとなります。

セラミック素材の特徴

体に優しい素材です。

セラミックは、体内にいれても問題のない体に優しい素材です。

金属アレルギーの心配がありません。

セラミックには金属が含まれませんので、金属アレルギーの患者様に最適な歯科材料です。

自然な見た目になります。

セラミックの最大の特長は、天然の歯に近い白さを再現できる、ということです。 保険適用の歯科材料は主に金属で、治療をした部分が誰の目にもすぐに分かってしまいました。セラミックは、天然の歯に最も近い色を再現できます。

変色したり黄ばみや、臭いの付着がありません。

セラミックは、レジン(プラスティック)と違って、年月が経ってもほとんど色に変化がありません。

歯ぐきが変色しません。

セラミックは、金属とは違い、口の中で金属が腐食しないので歯ぐきや歯が黒くなってしまうことがありません。

長持ちします。

セラミックは耐久性に優れており、非常に高い強度をもった歯科材料です。

そのため、欠けてしまったり、すり減ることがほとんどなく、長持ちします。