福岡市博多区の審美歯科・ホワイトニング治療 博多プライベート歯科

よくある質問

Q.
審美治療とは、どういう治療をするのですか?
A.
審美歯科とは、良く噛めるばかりではなく、見た目の美しさと自然なお口元にもクローズアップした、トータルで見ていく歯科部門のことになります。
審美治療(美 しい白い歯・キレイな歯並び)をすることにより、あなたが笑顔に満ちあふれるような、幸せな人生になる事にお役立てできる歯科部門です。
Q.
保険診療との大きな違いはどんなことですか?
A.
日本での健康保険は、一般的な材料や治療方針だけになります。
このように健康保険では前歯の材料にレジン(プラスティック)を使用するため、色がくすんでいて、早ければ数ヶ月で黄んでいき、変色していきます。
また、奥歯は、すり減りが早いレジン(プラスティック)は一般的には使われず、銀の金属がほとんどです。 どんな材質の歯を使うかは、患者様のお考えによります。
当院では患者様の高いレベルのご要望に応えていくように、保険診療では、できない最新の技術をご提供していきます。まずは、お気軽にご相談下さい。
Q.
どのくらい期間がかかりますか?
A.
治療する歯の本数や治療内容により、期間はかわってまいります。
ただ、すぐに被せるだけでよいなら、2回くらいですみますが、より美しく製作するためには、治療回数がかかってしまいます。
当院では、可能な限り、期間、回数を少なくする努力していきますが、詳細は、診査診断させてもらってからになると思います。
Q.
出っ歯、歯並びがバラバラ,スキッ歯 なんですが、どのような歯の悩みの方におすすめですか?
A.
歯並びが悪い方、短期間で歯並びを直したい方にはおススメです。
また、矯正の器具をつけることに抵抗がありますという患者様も、当院にご来院頂いてております。
歯の方向・形態・大きさ・色調にご要望に合わせて、提案していきます。
Q.
歯のない期間はあるのですか?
A.
差し歯をを外したり、削る場合は仮歯が入ります。
いつもの生活に支障がないようにしますから、ご安心ください。
また、着けた仮歯を参考にしながら、最終の歯の形を決めていきます。患者様ごと相談しながら最終決定致します。
Q.
過去、被せた差し歯の周囲の歯ぐきが黒くなってきたのですが、何故ですか?
A.
原因として考えられるのは、歯槽膿漏により歯ぐきが下がってきて、歯根がドンドン露出してきたため、被せ物と歯ぐきに隙間がでた場合や、被せ物に銀色の金属を使用しているため錆びた可能性があります。
また、歯との境目の歯ぐきの歯肉は薄くなるため、歯肉から被せている歯の内面の金属が透け出ることもあり金属部分が見えることもございます。
この様なトラブルを防ぐためにもセラミックの内面に使う金属をゴールドタイプにしたり、金属を一切使わないオールセラミックなどが現状は主流となっております。
Q.
セラミックの歯の色は変化しませんか?
A.
セラミックは陶材でして、食器に使う陶器と同じになります。
もちろん、陶器と同様に水の吸収を起こさないため変色はしません。歯を白く維持することができるのです。
また、セラミックの大事な特長をして、他の歯科材料に比較して、天然歯に非常に近くなる色調と透明性を再現することが可能です。
タレントさんのキレイな前歯に、このオールセラミックと言われる素材が使用されています。
Q.
セラミックで奥歯も白くなりますか?
A.
最近のセラミックは天然歯と同じかそれよりも強い硬さがありますか。
被せ物や詰め物もに使用できます。最近の傾向では、口を開けた場合に見えてしまう金属を嫌がり、奥歯も見た目がキレイな白い歯を希望される患者様が増加しています。
Q.
歯ぐきがやせたり、歯ぐきが見えすぎたり、歯と歯の間に隙間があったりしまが、治療可能ですか?
A.
セラミック治療により、隙間をうめる事ができます。
日本にはあまり聞かない歯科分野なのですが、笑顔や見た目の美しさを大切にしているヨーロッパでは一般的に浸透してます歯科治療になります。
例として、笑う時、歯ぐきが目立つように見える。歯ぐきや歯の位置のラインが左右対称に見えないのでバランスが悪い、歯ぐきが退縮して歯が長くなって見える。
さらには歯ぐきの血色がとても悪いなど、歯と歯茎のアンバランスな部分があることで、せっかくの素敵な笑顔が台無しになります。
歯茎を外科的に形成することにより、現在の悪いl状況を改善することが可能になります。
Q.
歯をクリーニングするだけで歯が白くなりますか?
A.
歯の表面にある着色部分はクリーニングのみで、綺麗な状態になります。
しかし、歯の内面にある土台の変色部分やご自身が希望する歯の色が今より、白くすることを望まれる患者様は、天然の歯にはホワイトニングまたはセラミック治療などの手技もございます。
Q.
保証はついていますか?
A.
歯科医院では種類に合わせまして、年単位の保証期間をありますので、ご安心頂きたいを思います。
Q.
短い期間で歯並びをよくする「スピード矯正」とはどういうものですか?
A.
スピード矯正は、セラミック矯正など、いろいろ言い方はございます。
支台の歯を形成しその上に人工の白い歯を被せていきます、部分的に歯並びをよくする歯科治療で、通常の歯列矯正治療とは違います。
歯列矯正は歯の表側や裏側に矯正装置をつけたり、マウスピースを使いながら、歯を動かして歯並びを改善する歯科治療ですが、スピード矯正は歯を動かさずポジションは変えないで、前歯の見える部分のみの方向や形態を変えていきながら歯並びを改善する歯科治療です。
そのため、全症例、治療可能と訳ではございません。
矯正治療をしたいけど、あの見た目が悪い矯正装置をつけるのはイヤだ、期間をかけずに、短時間で見た目を改善する方法はないでしょうか、歯並びだけではなく、歯の色調などもキレイにしたい患者様、治療費用や治療する期間を気にされている方は、まずは、一度ご相談ください。
Q.
スピード矯正とは、差し歯(セラミック)治療なの?
A.
差し歯とは、歯根がある歯に土台をいれて、その上にセラミックなどの差し歯をいれたものです。
スピード矯正はご自身の歯にセラミックなどを入れて、歯並びをよくする歯科治療で、極端に歯の方向を変えて、歯並びをよくする場合は、神経を取る治療をし、歯並びを 変える歯の方向に向けて土台を作製して、その上にセラミックを被せます。
Q.
スピード矯正で出っ歯や受け口は改善しますか?
A.
噛み合わせや歯並びの不具合の差によりますが、経験上、大抵の場合は、治すことが可能です。
下の歯やアゴも出たり、歯の間のスペースがなくて、歯並び改善できない場合は、障害をもたらしている歯も、同時に治すことで、歯並びが改善する場合もあります。
しかし、限界はございますから、どのくらい、希望に近い歯並びにできるか、まずは、カウンセリングにいらっしゃってください。
色々お話をしましょう。
Q.
スピード矯正って痛いんですか?
A.
治療中は、麻酔をすることがありますので、痛みはありません。
治療後、まれに痛みがある場合がございます。また、神経が残っていて、歯を形成している場合は仮歯を装着後、しみたりすることは、稀にあります。
Q.
一般矯正とスピード矯正はどう違うの?
A.
顎の大きさから来るもの、上下の歯のかみ合わせから直したい、上下の真ん中のポジションから全体にバランスよく、美しく歯を並べたいケースは、普通の矯正がよいでしょう。普通の矯正治療は年月がかかりますから、今の悪い歯並びよりも、改善できるのであれば、前歯だけの部分的に、または、短時間で改善したいという患者様は、無料カウンセリング(スピード矯正希望)にいらしてください。
また普通の矯正は抜歯が必要な場合がございます。
スピード矯正は神経処置が必要になる場合がございますので、どちらがいいか迷われている患者様は、当院の無料相談をお受けいただき、ご判断いただいても大丈夫です。
Q.
スピード矯正の治療期間はどのくらいかりますか?
A.
最短で考えますと2回程の通院で最終形が出来上がります。
ただし、神経処置をする場合は、通院回数や日程にもよりますけれど、神経治療になったりしますと、数ヶ月かかることもございます。
また、土台作製やセラミックの被せ物は、作製するのに製作日程が必要になります。
結婚式などイベントがあり、お急ぎの患者様はご相談いただければと思います。
Q.
スピード矯正は神経処置が必要なのですか?
A.
天然歯には数本の神経が入っています。
歯の軸の方向を変えるケースは切削量が多くなります。削っていくと、神経に到達してしまう場合がありまして、そういうケースは神経処置が必要になります。
また、切削量がそれほど多くなくても、しみたりや痛みが出る場合には神経処置が必要です。
神経処置をした歯根に土台をいれて、その土台に被せ物をしていきます。
その土台の方向を修正することにより、理想の歯並びのポジションにしていきます。
Q.
保険のプラスチックでも白いと思いますが、セラミックの方がよいですか?
A.
保険のプラスチックは変色しやすいので、時間がたつにつれて、見た目の美しさに差が出てきます。
プラスチックは変色しやすいため、時間が経過するにつれて大きな差が出ていきます
硬質レジン前装冠(HR)はつまり「前歯で保険ではいる白い歯」になり、セラミックと比較すると、変色になりやすく、いかにも、人工的と言った不自然な色になりがちです。
プラスティックは吸水性があり、変色になりやすいという短所がございます。
レジンとセラミックを混在したハイブリッドセラミックも、純セラミックと比較すると、時間が経過すると、審美的に問題がありますので、オールセラミックをオススメしてます。
Q.
セラミックは、見た目が白すぎて不自然ではないでしょうか?
A.
きちんとした歯科医院にて、治療をすれば、違和感が少なく、キレイな口元に仕上りますし、患者様ご自身の歯と見分けがつかないように、自然に仕上げます。
セラミックの仕上がりは、歯科医師の技量による所が大きいものです。
カウンセリングできちんと相談し、丁寧な治療をしてもらえる歯科医師かどうかを見極めることが重要です。
セラミック治療の症例を見るのもよいでしょう。
Q.
昔、装着したメタルボンドセラミックの根元が真っ黒になって来ましたが……
A.
セラミック歯の土台に使っている金属が原因ではないでしょうか。
セラミックの中には、金属をベースにセラミックを焼き付けるセラミック(メタルボンドセラミック)がございます。
表面は白いですが、中身は金属ですから、歯ぐきが痩せて、露出して来ますと、セラミック歯の根元の金属がむき出して、黒い線のようなものが見えてきます。
金属をベースとしないオールセラミックであれば、歯ぐきが露出しても黒い線が見えません。
Q.
スピード矯正より、一般的には、矯正治療の方がいいんですか?
A.
どちらもメリットとデメリットあります。ご希望に合わせながら、選択しましょう。
当院では、矯正治療・セラミック治療を共に、各専門のドクターが担当していますから、両方の長所・短所の説明を聞き、理解した上で、患者様ご自身のご希望に沿った治療法を選択してもらっています。
歯並びを美しくするために「矯正治療」が最良だと言われがちですが、歯科治療に時間をかけれない方や、歯の大きさや形態に問題があり、歯と歯の間に隙間がたくさんある方は、セラミックを使う「スピード矯正」の方が矯正治療よりメリットがある場合がございます。
治療方針を決定するときに大事なのは、患者さんが「どのくらいの治療期間でお考えなのか。どのような歯並びにしたいと考えているか」なのです。
下記にあるように長所、短所を把握していただいて、しっかりご理解してから、選択しても遅くはありません。