福岡市博多区の審美歯科・ホワイトニング治療 博多プライベート歯科

こだわりの審美治療

ただきれいなだけではない。
こだわりの精密治療で機能的で美しい歯をつくる。

1 治療前には模型や写真を使い、十分なカウンセリングを行います。

治療前には模型や写真を使い、最終的な歯の色や形、治療費用や回数について患者様と相談します。十分なカウンセリングを行い、患者様にご理解頂いたうえで治療を始めます。

この患者様はプラスチックでつくった前歯が劣化、変色してしまい「笑うのも恥ずかしい」という悩みを抱えて来院されました。3回にわたるカウンセリングの末、前歯4本をオールセラミックでつくりかえることになりました。

こだわりポイント

審美歯科では、歯科医師と歯科技工士の連携が治療成功の鍵となってきます。近年、料金の安い中国製のセラミックを輸入している歯科医院もあるようですが、セラミックを専門とする歯科技工士に依頼しております。患者様のご希望によっては歯科技工士が治療に立ち会い、直接お話いただくこともできます。

2 ミクロレベルの精度で丁寧に歯の形を整えます。

ただやみくもに歯を削るのではなく、最終的なかぶせものの形状を計算して丁寧に形を作っていきます。仕上げに角ばった所を綺麗に丸めて、表面を磨き上げていきます。この作業はミクロレベルの精度で行われます。

3 特殊な糸で歯肉をおさえながら治療を行います。(必要な場合)

審美歯科では、歯と歯肉のなめらかな調和が求められます。歯ぐきの境目をきれいにみせるために特殊な糸で歯肉をおさえながら治療を行います。

かぶせものの辺縁がピッタリと合わないと、このように隙間ができ黒っぽく見えてしまいます。このようにならないためには、歯肉圧排が必要です。 (なお保険適用のプラスチック冠やメタルセラミックでは、金属色が透過するため、どうしても歯ぐきの境目が黒くなってしまいます。)

こだわりポイント

この操作は「歯肉圧排」とよばれ、精密審美歯科には欠かせない作業です。患者さんによって薄い歯肉、厚い歯肉、色々とありますので、圧排糸も数種類使い分けます。

4 先ほど入れた糸を外して、型とりをおこないます。

当グループの精密審美治療では、シリコン印象材というと特殊な型取り材を使用します。この型取り材料は、通常のものにくらべ変型が非常に少ないため、できあがるセラミックの精度が高くなります。しかし残念ながら非常に高価な材料のため、一般診療では使用されていません。

5 専属歯科技工士が一本ずつ完全オーダーメイドでつくりあげます。

歯科医師がとった型から、専属の歯科技工士がオールセラミッククラウンをつくります。歯の色や形は患者様によって全く違うため、一本ずつ完全オーダーメイドでつくりあげます。セラミック専門歯科技工所があるため、患者様の歯をよく知る担当医が歯科技工士と話し合いながら作製していきます。

6 できあがった歯を最終調整し、光を当てると瞬間的に固まる特殊な接着剤で着けていきます。

歯の色や形は患者様の希望にあわせることができます。

患者様の希望は「あまり白すぎない自然な色の歯にしてほしい」とのことでした。また、女性らしい優しい雰囲気をだすため、角を丸めた歯の形にしています。歯の色や形は患者様の希望にあわせることができるので、遠慮なくご希望を申し付けください。

完成 「笑うのも恥ずかしい」とお話ししていた患者様のすばらしい笑顔です!