福岡市博多区の審美歯科・ホワイトニング治療 博多プライベート歯科

歯並びを治したい

ビフォー

アフター

歯並びの悪い方の短期間矯正治療

歯並びは顔のイメージが決まる大切な要因です。
もし「出っ歯」や「乱杭歯(らんぐいば)」など歯並びのことでお悩みであれば、博多プライベート歯科にぜひご相談ください。

歯の矯正治療は大きく分けて、

  • ・ワイヤー矯正
  • ・マウスピース矯正
  • ・セラミック矯正

上記の3種類があります。

ワイヤー矯正

一番よく行われている矯正方法です。
歯にブラケットと呼ばれる装置を装着し、そこへワイヤーを通して歯を動かす矯正方法です。

長所

  • ・全体的な歯並びと噛み合わせを改善することができる

短所

  • ・器具が目立つため見た目が良くない
  • ・治療中は歯が磨きにくいため、虫歯になるリスクが高まってしまう

マウスピース矯正

透明のマウスピースを付けて歯を動かす矯正方法です。

長所

  • ・ワイヤー矯正に比べて目立ちにくい
  • ・取り外しが可能なので、人前に出るときに外すことができる
  • ・歯のケアが行いやすい

短所

  • ・歯を動かす距離が大きい場合は適さない
  • ・他の方法に比べ、治療に時間がかかる場合が多い

セラミック矯正

歯を削り、その上からセラミック製の冠を歯に被せて歯並びを整える矯正方法です。

長所

  • ・歯の大きさや白さを選ぶことができるので、口元が劇的に美しくなる
  • ・保定期間(矯正で動かした歯が元に戻るのを防ぎ、安定させる期間)がなく、最短1か月以内で完了する(他の矯正だと保定だけで2年前後)
  • ・治療の際に痛みがほとんどない
  • ・奥歯を抜かないため、将来的にも安心

短所

  • ・奥歯にあまり適さない(可能ではありますが、歯に良くない為おすすめしません)
  • ・歯並びがあまりにも悪い場合は、歯を抜いたり、積極的に歯を削ったりする必要がある
  • ・極端な出っ歯の場合などは、口元の引っ込み具合が他の矯正に劣る(外科矯正治療を含む)
  • ・奥歯まで歯並びがガタガタの場合はワイヤー矯正のほうが向いている
  • ・個人差はありますが、長年経過するとセラミックと歯茎の境目が不自然になる場合がある

矯正を行いたいと考えているかたには、
「矯正のワイヤーは、見た目が悪いし……。」
「歯並びを良くしたいけど、治療が終わるまで時間がかかりますよね……。」
とお悩みの方が多くいらっしゃいます。
そこで一番おすすめなのが「セラミック矯正(クイック矯正)」です。

通常の矯正治療(ワイヤー矯正)は、ブラケットという金属製の装置を歯の表面に装着するため、見た目が非常に悪くなるのが大きな欠点でした。
一方セラミック矯正は、歯並びの悪い歯を削り、そこに「セラミック」でできた被せ物をする治療法です。天然歯と比べても見分けがほとんどつかないほど、自然で美しい見た目を提供することが可能です。

また、ワイヤー矯正は理想的な位置に動かすために、歯の様子を見ながら少しずつコントロールしていきます。治療期間は子どもでは最低3年程度、成人なら2~5年ほどかかり、非常に長期的になってしまいます。「クイック矯正」といわれるセラミック矯正なら、最短1ヶ月以内程度という短期間での治療が可能です。
またセラックを被せるため、歯のサイズ、白さ、形をオーダーメイドで選ぶことができ、モデルさんのように歯を白く、小さく、丸みがかった可愛い歯にすることも可能です。

  セラミック矯正 ワイヤー矯正
治療スピード 最短1か月以内で完治 平均で2年前後
痛いかどうか 麻酔を行うため痛みがない 調整時に多少痛い
歯を小さくできるか できる(セラミックで新しく作成) できない
歯の白さ 好みの白さにできる 変化なし
歯並びの精密さ 非常に綺麗(0.1mm単位で歯を並べるが可能) 綺麗
治療が終了してからの後戻り なし あり
歯を抜くか 基本的に抜かない 抜くことが多い
歯を削るか 削る必要がある 削らない場合が多い
歯の表面の荒れ 綺麗 矯正器具を除去する際に歯に傷がつく事がある
奥歯の治療 可能(あまり推奨しない) 可能
治療中の虫歯の危険性 低い 高い(器具により歯が磨きにくいため)

セラミック矯正よりも従来の矯正治療(ワイヤー矯正・マウスピース矯正)の方が歯に優しいと思われている患者様が多いですが、きちんと治療すればセラミック矯正も歯に優しい治療法です。

また、ワイヤー矯正・マウスピース矯正は奥歯を4本も抜歯することが多く、一般的に治療期間が2年、後戻りを防ぐための保定期間が2年かかり、完了するまでは合計4年前後かかってしまいます。
治療の後戻りや虫歯になる可能性もあり、「歯に優しいばかりではない」というのが実情です。
非抜歯でのワイヤー矯正やマウスピース矯正なら一考の価値がありますが、歯が大きい人が多い日本人が抜歯を行わずに矯正を行うと、出っ歯になってしまう可能性が高いです。

当医院では美しいだけでなく、歯に優しい治療法、患者様に最も合う治療法をカウンセリングにて提案させていただきます。
セラミック矯正・ワイヤー矯正・マウスピース矯正それぞれの長所と短所を全て理解していただいたうえで、患者様に治療法を決めていただきます。