福岡のセラミック矯正 美容 審美歯科|博多プライベート歯科

新着情報

勉強会:支台歯形成メソッド

2022-06-14

こんにちは。博多プライベート歯科ドクターの前田です。

 

先日、床島先生の支台歯形成メソッド勉強会に参加してまいりました。
皆様は支台歯形成って何のことだろうとお思いですよね。
支台歯形成というのは、歯の被せ物を入れるために、土台を形成していくこと
つまり歯を削っていくことです。

 

床島先生は、削合した歯の長期維持のために歯の向きを計算しながら、細かく削合されます。
セラミックは歯を長期維持するためには適した材料ですが、支台歯形成のしかたによって維持できる期間に大きな差が生じます。
床島先生の技術を拝見して、改めて歯の土台の形態がしっかりしていないとセラミックが安定しないと再確認いたしました。

 

当院は常時、院内に歯科技工士が常駐しています。
歯科技工士とは、セラミックなどを製作する人のことです。
歯科医師が患者様の支台歯を形成し、歯科技工士が模型を元にセラミックを作製して、相互的に評価して治療を行っています。
その結果、患者様により良い被せ物をご提供できています。
「歯を白くしたい、セラミックにしたい 」という方は、博多プライベート歯科へご相談ください。