福岡市博多区の審美歯科・ホワイトニング治療 博多プライベート歯科

歯が無い所に歯を入れたい

ビフォー

アフター

歯を失ってしまった歯の治療法はいくつかございますが、特におすすめなのが「インプラント治療」です。

「インプラント治療」とは、歯がない箇所の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上からセラミック等の素材で製作した人工歯を取り付ける治療です。

元々の歯と同等の噛み心地と、元々の歯以上の審美性をもたらし、耐久性も優れています。

インプラントの構造

インプラントは、フィクスチャー(ネジ状の人工歯根)、アバットメント(連結部)、上部構造(人工歯)の3つの部品から構成されています。

インプラントのメリット

  • ・顎の骨へ直接埋め込んで固定するため、入れ歯のようにズレることなく、まるで自分の本来の歯が再生したような噛み心地です。
  • ・直接埋め込むため、金具が見えることはありません。また、セラミック製の自然な色の人工歯を被せるため、非常に美しく審美性に優れています。
  • ・人工歯根で固定するため、耐久性があり噛み合わせが安定します。定期的なメンテナンスを行うことで数十年という長期間にわたって使用できる場合もあります。
  • ・ブリッジ治療の場合には支えとなる歯を削る場合がありますが、インプラントは周囲の健康な歯を削ることなく治療を行えます。

インプラントのデメリット

  • ・糖尿病や骨粗しょう症等の疾患がある場合は治療が行えない場合があります。
  • ・高齢者など顎の骨が少ない場合には治療が行えない場合があります。
  • ・保険適用外の治療とのため、治療費用が高額になります。
  • ・外科手術を伴うため、治療期間が長めです。

入れ歯・差し歯を希望する方へ

例えば、現在保険の入れ歯を使用している方で、噛めないなどの症状が出ている場合、入れ歯がご自身のお口に合っていない、あるいは合わなくなってしまった可能性があります。

特に保険適用の入れ歯の場合はどうしても精度が低い仕上がりになってしまうことが多いです。このような入れ歯は見た目が不自然になるだけでなく、噛み合わせの悪さから違和感や痛みなどが起きて日常生活に影響をおよぼすリスクもあります。

当院では、このような症状の改善のため、自由診療での高品質な入れ歯・差し歯のご提案を行っています。

保険適用の入れ歯は材料や製作の工程が限られてしまうため、治療費が安く済む反面、品質はそれなりとなってしまいます。

入れ歯・差し歯による痛みや違和感を我慢している方は、より精密な製作が可能な自由診療での入れ歯・差し歯がおすすめです。

入念な診断により、患者様にぴったりの入れ歯・差し歯を

入れ歯・差し歯の製作には、技術が必要なだけではなく綿密な診断も重要です。

当院では患者様と専門スタッフが直接ご相談させていただき、治療を担当する歯科医師と共に三者で治療計画を練っていきます。患者様のお口の状態を正確に把握したうえで製作を行うため、最適な素材を使用したぴったりの入れ歯をご提供することが可能です。

つけ心地が快適な、しっかりと噛むことができる入れ歯を実現いたします。