福岡市博多区の審美歯科・ホワイトニング治療 博多プライベート歯科

受け口を治したい

ビフォー

アフター

受け口とは、下の歯が上の歯よりも前方に出てしまっている状態のことです。

ちょうど出っ歯の逆のような状態で、顎が出ている・しゃくれているような顔つきとなります。

受け口の場合、歯が原因のケースと骨格が原因のケースの2つがあります。

歯が原因の場合

下の歯が大きい場合に受け口が誘発されるケースがあります。

また、歯が原因の場合、歯の生え変わり時期の癖が大きく影響している場合が多いです。

例えば、この時期に舌で下の歯を押す癖があると受け口になる場合があります。

他にも口呼吸を行う癖がある場合も受け口となることがあります。体の器官は使わないと小さくなっていく傾向にあります。そのため鼻の骨と一体化している上顎が小さくなってしまい受け口となる場合があるのです。

骨格が原因の場合

ビフォー

アフター

骨格性の場合は遺伝が原因の大半です。

例えば、下顎が大きいケースは骨格が原因です。

骨格が原因の受け口は治療が難しい場合が多いですが、当院では矯正技術が高いため、骨格性の場合でも外科手術を用いることなく治療ができる可能性がございます。

受け口治療のメリット

噛み合わせが改善される

治療前は噛めていなかったことがあると思いますが、受け口の矯正を行うことで、噛み合わせが良くなります。また、噛み合わせが治ることにより、頭痛や肩こり等が改善されるケースがあります。

口元が美しくなる

治療を行うことで圧倒的に口元がきれいになります。

当院で人気のセラミック矯正(クイック矯正)は短期間で歯並びがきれいになるため、非常に人気の高い施術です。

受け口を放置しておくデメリット

虫歯や歯周病のリスクが高まる

受け口の場合、歯同士に隙間が開いていることが多いです。

また、噛む部分の面積が狭いために特定の歯だけ汚れが多くなります。噛める歯に負担がかかりやすく、その部分が虫歯になりやすいです。

顎関節症になりやすくなる

顎関節症とは、あごが鳴る、口が大きく開かない、あごが痛む等の症状が慢性的起きる状態です。

噛み合わせが悪いことにより、顎関節症となるリスクが高まります。

受け口の治療法

受け口の治療法は主にワイヤー矯正、外科手術、インビザライン、セラミック矯正の4つです。

また、外科手術と矯正治療を併用した「外科矯正治療」という方法もございます。

ワイヤー矯正

歯にブラケットと呼ばれる装置を装着し、そこへワイヤーを通して歯を動かす矯正方法です。

重度の受け口でも治る可能性がありますが、ワイヤー矯正のみの施術では治療期間が特に長くなってしまいます。

通常の矯正治療とは異なり、受け口の治療の場合は上の歯を下の歯よりも前に出す工程が必要です。この工程があるため、治療完了までの期間がより長くなってしまいます。

インビザライン

インビザラインとはマウスピース型の透明な装置を歯に装着する治療法です。

こちらも歯を動かすのに期間がかかることが多いです。インビザラインの場合、動かす力が弱いこと、取り外しが可能なために途中で患者様の方でやめてしまう場合があり、治療期間が長くなることがあります。

外科手術

下顎があまりにも大きいケースでは顎を引っ込める処置を行って上下の顎のバランスを取ります。外科手術の場合、保険が適用されることがポイントです。外科手術では数週間程度の入院が必要です。手術により顎を切断するため、危険も伴う施術です。

セラミック矯正

セラミック矯正とは、歯を削り、そこへセラミックで製作した歯を被せる治療法です。

他の方法と比べ、最短の日数で治療を行うことができます。当院のセラミック矯正は独自の治療を行っており、どの矯正よりも歯に優しい矯正技術になります。

外科矯正治療

外科矯正治療とは、顎変形症の患者様に対して矯正治療と外科的な手術を共に行う治療のことです。

外科手術を伴うため、健康保険が適用される点がポイントです。

患者様の中には歯並びの問題だけでなく、顎の大きさや形による噛み合わせの状態、審美的な悩みを持たれている方も多いと思います。

当医院では外科矯正治療を行うことも可能です。お悩みをお持ちの方は是非一度ご相談下さい。