福岡市博多区の精密入れ歯・義歯・審美治療の博多プライベート歯科

義歯(入れ歯)

当院のお薦め入れ歯 超精密(BPS)入れ歯・義歯

入れ歯になってから、噛むといたくて何も食べられない。
入れ歯をするようになってから、食事がおいしくなくなった。
人と話しをしていると入れ歯が外れたり、浮いてくる。
食事や話をしている時に外れたり落ちてきそうになる。

イボクラールビバデント社 このような入れ歯でお悩みの方に、世界の一流の義歯メーカーが開発したのが、
「超精密入れ歯・義歯(BPS入れ歯・義歯)」です。

「超精密入れ歯・義歯」の「BPS」は、リヒテンシュタイン公国に本社を構える世界的な歯科企業、「イボクラールビバデント社」の生体機能補綴システム(BiofunctionalProstheticSystem)のことです。

イボクラールビバデント社の長年の経験と科学的な研究による、高品質な入れ歯製作の製作手順を踏むと、入れ歯の品質の安定・時間の短縮が実現するようになっています。

ちなみに、このBPS義歯は、アメリカの大学の歯学部では、23校以上が採用しており、世界に認められている唯一の義歯製作技術の認証で、UCLA大学でも採用している最新の精密義歯システムです。

当院の入れ歯作成の経験豊富な私、江崎と歯科技工士の技術が加わり、確実にあなたにあった入れ歯(義歯)をご提供することが可能です。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

  保険の入れ歯(義歯) 自費の入れ歯(義歯)
人工歯の色・形の種類 少ない 多い
床の種類 少ない 多い
部分入れ歯の固定方法 簡単な維持装置のみの設計 多数の設計が可能
製作にかかる工程数 少ない 多い
装着した違和感 比較的少ない 少なくできる
入れ歯の強度 若干劣る 優れている

博多プライベート歯科では、最善の入れ歯を制作するに先立って、全ての患者さまに『治療用義歯』を作成します。

>> 詳細はコチラ

入れ歯(義歯)のアフターフォローについて

当医院では、老若男女を問わず全ての患者さんに「今回で一生のうちの最後の歯科治療にしましょう」と説明しています。ですから初診時に各種検査の後、お口の中の現状をモニターを使って説明します。

私どもは痛い入れ歯のみを治すのではなく、お口の中全体を治すことを心がけています。全ての治療後、定期的に検診に来ていただき、、むし歯、歯槽膿漏の予防にも力を注いでいます。特に部分入れ歯の患者さんは、バネのかかっている歯がだめになったために入れ歯自体使えなくなってしまいます。
ですから定期的に来院していただき、残っている歯の状態、部分入れ歯、総入れ歯の適合状態などをチェックしていきます。

下記に記載している項目など通常と違う使い方をして壊れた場合は、 修理、再製が必要になります。(別途治療費がかかります。)

入れ歯をなくした場合
入れ歯を落としたりして割れた場合
極端に固いものを食べて入れ歯が割れた場合
病気などで歯ぐきが急激に痩せて入れ歯が合わなくなった場合
残存している歯が悪くなって、入れ歯の作り替えが必要な場合

当院では、口腔内の大きな変化がなければ、10年は使い続けることはできるように、品質の高い入れ歯の製作をおこなっています。治療終了後も引き続き、メンテナンスは行わせていただきます。時間が経つとともに自然と歯ぐきが痩せてきて、入れ歯が合わなくなる。

また、部分入れ歯の針金が折れたり、ご自分の歯が抜けたりしたら、そのような場合には、痩せた歯ぐきの肉盛りをしたり、歯が抜けたところは入れ歯を増歯したりして修理もでますし、それ以降も問題なくお使いいただけるような設計で作られています。(別途修理費用がかかります。)

その際は遠慮無くご相談ください。

治療費のお支払い方法について

治療費の支払い方法に関しては、現金の窓口でのお支払い・クレジットカードの2通りとなっております。
また、ご利用いただけるクレジットカード会社は以下の通りです。

精密義歯などの自費治療はデンタルローンがご利用いただけます。
詳しくは以下のバナーをクリックください。

その他、何かご質問がございましたら、当医院スタッフまでお気軽にお尋ねください。

>> 入れ歯・義歯はこちら